« ダイコンソウ | トップページ | ヒトリシズカ »

2007年5月 1日 (火)

エビネ

01 Calanthe discolor Lindl.
ラン科エビネ属

この花のことを書くときはとにかく神経を使わなくちゃいけない。野の花を自分のものと勘違いしている輩がいつどこで見ているかわからないのだ。特にエビネは好事家に高値で売れるので自然保護の意識のかけらもない連中がむやみにほっていく。実際そう言う盗掘痕を何度も見てきたからこの花についてもあまり詳しいことは書かない。本当は書きたいことはいっぱいあるのだが・・・。

別名をジエビネといい、日本ではもっとも身近にあった・・・はずのエビネである。しかしながら先述の輩が暗躍する影響で天然物を見ることはほとんど無くなった。私が本当の天然物を見るのは実に20年ぶり、高校時代に発掘調査に行った場所で、たまたま森の中を歩いていて発見して以来である。このときはまだ季節も早く花も確認していなかったが、今生き残っていれば奇跡であろう。それほどの珍種になってしまった。
この花のあった場所はおよそ意外な場所なのだが、ちょっとでもヒントを書けばすぐ取られてしまいそうだ。というわけで詳しいことは書かない。引いた写真もあるのだがこれ大ヒントになるのでこちらものせない。本店に書くときはおそらく別の場所の全体写真を使うことになるだろう。
本当は自由に書きたい気持ちがあるのだが、ネットというものがどんな人間でも簡単に見られてしまうという現状を考えると仕方ない。事情を察しの上この件に冠する問い合わせは一切受け付けられないのでご了承願いたい。

|

« ダイコンソウ | トップページ | ヒトリシズカ »

「花」カテゴリの記事

コメント

自然の中に咲く美しいエビネですね!私はいまだに自生のエビネを見た事がありません。ネット上には恐ろしいようにエビネを探しまわり、自生の土付きなどと言って山から採取し販売している。何より自然の中で咲く花が一番魅力的と思っている私にとっては吐き気がするような気分です。どんな人間が見ているのかわかりませんから、お気持ちは十分に理解できました。私もいつかふと出会えたら幸せだろうと思っています。実は昨日数本のエビネを発見しました。自生なのかは定かではありませんが..(おそらく植えたもの)しかし私の夫いわく『ここにはさすがに足を踏み入れる事は困難だから生き残っているのだろう』と..悲しいですね。自然のエビネに出会えなかったので、見させていただいて気持ちが和らぎました。エビネに限らずこれからも野山に力強く咲く自然の花を観察撮影して行きたいと思います。

投稿: hiroppi | 2007年5月13日 (日) 05時05分

hiroppiさんこんばんは。まさか復活そうそうコメントが付くとは(笑)あと13日分作らなくちゃいけないのですが何が出てくるかはお楽しみに。一応今日から毎日更新予定です。
さて、エビネの情報、今回の場所は本当は学術報告が必要と考えているような変な場所なんですが、地元の意向で報告は見合わせています。下手に踏み荒らされたらなんて配慮もあるんですが・・・猛烈に調べたい場所ですけど、こういうものも金にしか見えない輩が多いから仕方がないですよね。

投稿: おーば | 2007年5月16日 (水) 01時41分

お返事ありがとうございました。エビネが自生する場所は貴重な地なのですね。
大事に守っていただきたいものです。盗掘をする輩には重い罰を与えてもらいたいと日々感じています。チョウジソウも品よく美しいですね!まだ見た事が無いのです..
明日からナエバキスミレ・ヒメイチゲなど逢いに群馬の山に行って来ます。大好きな場所で村の人とも親交が深まり毎年10回以上は訪れるほどです。
また素敵な花を見せて下さいね!楽しみにしています。

投稿: hiroppi | 2007年5月18日 (金) 22時01分

すみませんが、先日のコメント内の一部を削除したいのですが、方法がわかりません。具体的な場所を書いた部分を削除していただけないでしょうか。お手数おかけします。

投稿: hiroppi | 2007年5月22日 (火) 01時08分

たぶんあの部分だろうと判断して削除してみましたが、あってます?さぁ、早く間を埋めなくちゃ。写真だけはあるんですけどね。

投稿: おーば | 2007年5月23日 (水) 16時18分

削除の件ありがとうございます。
高尾の場所もお願いします。どんな場所でも植えたものであっても危険を感じたので...申し訳ありません。チョウジソウの場所もすでにヨシが生い茂り見つけられませんでした。特別な環境のために、また新たな大事な花が発見された様です。植物を見守る人がいる一方で、スコップを持って盗掘しようとしていたおじさんがいたそうです。本当に怒り心頭です!自然にその地に自生する力強い花を大切に見守るべきですね。また新たな花を見せて下さい!
期待しています。

投稿: hiroppi | 2007年5月28日 (月) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168944/15020626

この記事へのトラックバック一覧です: エビネ:

« ダイコンソウ | トップページ | ヒトリシズカ »