« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

オヤリハグマ

0930oyarihaguma_2
Pertya triloba (Makino) Makino
キク科コウヤボウキ属

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

アレチヌスビトハギ

0929aretinusubitohagi_2
Desmodium paniculatum (L.) DC.
マメ科シバハギ属

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

オオカニコウモリ

0928ookanikoumori
Parasenecio nikomontanus (Matsum.) H.Koyama
キク科コウモリソウ属


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

シロバナサクラタデ

0927sirobanasakuratade
Persicaria japonica (Meisn.) Nakai ex Ohki
タデ科イヌタデ属

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

タケニグサ

0926takenigusa
Macleaya cordata (Willd.) R.Br.
ケシ科タケニグサ属


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

コバノカモメヅル

0925kobanokamomeduru
Vincetoxicum sublanceolatum (Miq.) Maxim. var. sublanceolatum
キョウチクトウ科(ガガイモ科)カモメヅル属

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

ゴンズイ

0924gonzui
Sambucus japonica Thunb.
ミツバウツギ科ゴンズイ属


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

コヤブタバコ

0923koyabutabako
Carpesium cernuum L
キク科ヤブタバコ属

ヤブタバコ、という植物がある。葉がたばこに似ていて藪に生えるからその名があるが、ではこちらはというと額面通りにとらえれば小さなヤブタバコで字も漢字もそれを当てる。
だが、実際にヤブタバコを見たことある向きには少々納得できないだろう。頭花の大きさは2cm前後あり、1cm前後のヤブタバコより遙かに大きい。
.0923koyabutabako2
植物自体も大柄で、ある程度で成長を止めて横に広がるヤブタバコに対し、分枝するまでは一緒ながら斜上するためかなり大きな印象をうける。

で、調べたところ葉がやや小さいから、だそうだ。確かにかなり大きな葉を広げるヤブタバコに比べると葉は小さいのは認める。ただ、見た目もヤブタバコとは違い名前からうける違和感は半端じゃない。
地元では見かける場所は限られ、ヤブタバコと混生している状態は見たことはない。生育環境が違うとも思えないが、一緒に生えていればこの名前はなかったかも、とも思う。

2014年9月 千葉県 オリンパスE-PM2 14mm-42mmズームにて 絞り優先オート 上F8/下F11 3647/2989

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

シマツナソ

0922simatunasp
Corchorus aestuans L.
アオイ科(シナノキ科)ツナソ属

この花を見て正体が分かる人はなかなかの通。名前も一般的ではない和名を使っているので。健康食品でおなじみのモロヘイヤがこの花の正体。僕は認識して食べたことはないのでどんな味がするのかは知らないが、ねばねばするらしい。
0922simatunaso
最近は畑で見ることも多くなった。葉に特徴があるので花がなくても見分けるのは容易。美味しいかどうかはともかく、一度その姿を見ながら食べてみたい。

2014年9月 群馬県 オリンパスE-PM2+60mmマクロ 絞り優先オートF16 4897/4903


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

カラスノゴマ

0921karasunogoma
Corchoropsis crenata Siebold et Zucc.
シナノキ科カラスノゴマ属


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

ハゴロモモ

0920hagoromomo
Cabomba caroliniana A.Gray
ハゴロモモ科ハゴロモモ属


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

コケオトギリ

0919kokeotogiri
Hypericum laxum (Blume) Koidz.
オトギリソウ科オトギリソウ属


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

ナガバクロカモメヅル

0918nagabakurokamomeduru_2
Vincetoxicum nipponicum (Matsum.) Kitag. f. abukumense (Koidz.) Kitag.
キョウチクトウ科(ガガイモ科)カモメヅル属

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

オオアオカモメヅル

0917ooaokamomeduru
Vincetoxicum nipponicum (Matsum.) Kitag.
キョウチクトウ科(ガガイモ科)カモメヅル属

どんな生物にも共通することだが、確実な同定は詳細を検討する必要がある。そういう意味で数多くの失敗の戒めとするべき花はこれだろう。
かつて埼玉県某所で調査したときにこれとこれの花が黒いタイプ、さらにはその両者の雑種と考えられる個体を確認した。この場所は自治体の事業として天地返しと呼ばれる農業事業が予定されていたのだが、ウリカワやホシクサ類、サワトウガラシ、ワタラセツリフネなど埼玉では希少種にあたるものが数多く確認されていた。そしてこの発見。コバノカモメヅルとは明らかに異なり、当初は正体はまったく不明だった。
0917ooaokamomeduru2
いろいろ調べるうちにタチカモメヅルがよく似ていることに気づき、分布があわないもののタチカモメヅル、アオタチカモメヅル、雑種については仮称としてアイタチカモメヅルという名前をつかい、あるサイトに掲載した。
閲覧者からの指摘はなかったものの、ネット上で画像を見ているうちに花の付き方が異なることに気づき、改めて書籍を精査、この名前にたどり着いた。花の大きさや付き方、分布を気にしていれば防げたミスで、最初にタチカモメヅルと思い込んでしまったのが大きな過ち。気づいたときには地元の(エセ)自然保護団体に勝手に結果を掲載され、記録に残ってしまった。さらに天地返しのためこの場所は消滅し、どちらにしても埼玉新産であったにも関わらず報告されぬまま終わってしまった。千葉のヤマゼリと同じような形だ。
0917ooaokamomeduru3
さてこの個体、当然のことながら埼玉県産ではない。埼玉のものは消えたあと探しているもののいまだに発見ができていない。同じ年に栃木県で確認したものなのだが、そこには埼玉の時と同じく、推定雑種を含めた3種を確認できた。その後何度か確認に行くものの同じ場所では発見できずにいたのだが、今年探索範囲を広げて発見にいたった。ある場所にはあるのか、県レベルのRDBにはほとんど記載がない。千葉では確認されておらず、見つけたらうれしいのだが、はたして。

2014年9月 栃木県 オリンパスE-PM2+60mmマクロ 絞り優先オートF8 3307/3355/3266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

タニソバ

0916tanisoba_2
Persicaria nepalensis (Meisn.) H.Gross
タデ科イヌタデ属

久しぶりの投稿、ということになる。忙しいのと忙しいのと忙しいのと・・・あとほかの方がメインになってしまったのでこちらがどうにもおろそかになる。一部の方から苦情を頂いたので久しぶりに更新することにした。ネタだけは豊富にあるので。
さて、今回の対象はタニソバ。見ての通りミゾソバに比べるとかなり地味な印象。0916tanisoba3
アップにしてもやはり地味。花弁が開いているところは見たことがなく、もしかしたらもっと開くのかも。地元=平地にはあまり無いので確認のしようがないのだが。
0916tanisoba2
中にはこんな風に赤く染まる個体もあり美しい。恐らく草紅葉にもなるのであろう。近場に生えている場所を探さねば。

2014年9月 中・茨城県 上下・栃木県にて オリンパスE-PM2+60mmマクロ
絞り優先オート 上からF16/8/11 S9125506/S9071939/S9146026






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »