2010年1月 3日 (日)

カキノキ

Kakinoki_2Diospyros kaki Thunb.
カキノキ科カキノキ属

我が家に一番多い果実が柿だ。曾祖母の好物だったのが原因で、物心ついた頃には柿の木だらけだった。何本かは切り倒されたが、今でも5本以上あるのだが、身近にありすぎるせいか、あえて撮影の対象にしたことがない。
そんなわけで今日はこんなネタにしてみた。花おりおり初の花以外のネタである。この写真だけ見ると花のようにも見え、何とも地味な花と思われた方もいるだろうがこれは萼。というよりヘタと呼んだ方がわかりやすいだろう。何しろ本数がある上かなりの大木なので、どうしても残ってしまう。柿は鳥たちにとってはごちそうなので、実の部分はすべて食べられてしまう。そして、花のないこの時期に茶色いヘタの花が咲く、という訳である。
花は地味なのだが、せっかくだから今年の開花期には撮影を試みることにしよう。また、しばらくの間はネタ不足のため、花ネタは少なくなることをご了承いただきたい。元々そのつもりだったのだが、1年間断なく続いたことがないから、今年こそ365日、やれるといい、と思う。自信は全くないのだが。

2009年1月1日 千葉県にて撮影 オリンパスE-3+シグマ55mm-200mm 絞り優先オートF22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ロゼット | 冬芽 | | 実物 | 果実 | 果樹 | 樹木 | |